ランドオブハンモックYouTuber 【評判とレビュー】

ハンモックYouTuberファミリー

YouTuberとは?

YouTubeは、1日40億回も動画が再生されるほど人が集まり、急激に市場を拡大している動画共有サイトです。

YouTuberとは、YouTube上で活躍するクリエイターで、独自に制作した動画を継続して公開している人物や集団のことを意味します。日本では、彼らのことを「YouTuber」「ユーチューバー」や「YouTubeクリエイター」といった呼び方をします。

そして昨今、こうしたYouTuberによって配信されるモデルの「YouTuber広告」といったものが普及しつつあります。すでに人気のチャンネルを運営しているYouTuberとコラボし、動画を制作・配信してもらうといった広告です。

YouTuberとのコラボ動画では、商品を紹介・使用してもらったり、PRになるようなコンテンツを制作してもらうケースが多いようです。

企業にとっては、

  • YouTuberのノウハウや経験を活かせること
  • 彼らのファンにアプローチできること
  • ファンに対して信頼される形で視聴されること

がメリットとなっているようです。

なおYouTuberと呼ばれる人物が現れるようになったのは、YouTube上の広告から一定の割合を収入として得ることができる「YouTubeパートナープログラム」が2011年4月に一般向けに公開されてからです。

HIKAKINマックスむらいといった人気のYouTuberともなれば、その収入は年間1億ともいわれています。YouTubeの動画再生によって得られる広告収入を主な収入源として生活できるような人物まで現れて、すでに多くの実績を残しています。


白石達也さんって誰?

白石達也さんもYouTuberかと、この商材名から想像された方が多いかもしれませんが、実際にはそうでもありません。

YouTubeを使っているという共通点はありますが、正確にはYouTubeを利用したビジネス教材・情報商材を作ったり、販売を行っているインフォプレナー(情報起業家)です。

これまでに、白石さんが販売してきた商材としては、

  • 神龍クラブ(99,700円)
  • 神龍プログラム(177,000円)
  • 神龍ダンジョン(299,700円)
  • ハンモックYoutuber Club(19,700円)
  • 特権階級YouTuber Club(49,700円)
  • ハンモックYouTuber Academy(247,000円)

代表的なものは、こういった商材です。

白石さんのプロフィールは、白石達也のfacebookで読めます。学生時代のtwitterや、白石達也@shiraishimediaもありますが、最近あまりTwitterでは、つぶやいていないようです。

白石達也氏は、24時間で5億円を売上げた日本記録保持者の伊勢隆一郎氏の門下生になります。

彼は元々「FXボーイ」というHNで『スキャルピング・どっとコム』というFXブログを運営していました。同ブログによればゴールデンオーバレイというFX商材を販売していたようです。

その他にも「神龍クラブ」という高額塾も運営していました。この神龍クラブが伊勢氏との共同企画です。FXから一転、マーケティングなどのビジネス分野からモチベーションなど心理的な内容までカバーしたビジネス構築法が内容となっています。

伊勢隆一郎さんのもとで、こういったビジネスのノウハウを学んだ
白石氏は、それ以後ハンモックYouTuberシリーズを次々と発売されています。

ランドオブハンモックYouTuberの評判

「ランドオブハンモックYouTuber」は15万・20万・30万というコースに別れていますが、どれもかなりの高額です。ここ最近流行のYouTubeで稼ごうという高額塾です。

現在Youtubeアドセンスで結果を出している人は多いですが、
この商材は、Youtubeアドセンスで稼ぐのではありません。

これはランドオブハンモックYouTuberを売るためのコンテンツであって、
YouTubeで稼ぐことがメインの教材ではないものです。

つまり買った人が、これをまた売るという仕組み。そのために必要なステップメールやLPのテンプレートは用意されているというわけです。

プロダクトローンチのマーケティング手法を使って完成されたランディングページとステップメールの設置をして、あとはそれぞれの動画から誘導していく形です。

これと似たような商材に、羽田和弘の完全放置塾改(販売価格:14,800円)というのがありましたが、このノウハウにYouTubeによる集客を組み合わせたもの、といった感じです。

具体的な作業の流れとしては、

1.まずYoutubeに動画をアップする

2.動画から集客するためのLPを用意する

3.LPでメールアドレスを登録したあとのステップメールの設置

4.クロージング

というものです。

動画を見てくれたユーザーをLP(ランディングページ)に誘導し、読者登録をしてくれたユーザーに対して、教育の目的が含まれたステップメールを送ります。

そして、そのメールからランドオブハンモックYouTuberの
セールスページへと誘導⇒成約⇒報酬獲得という流れです。

しかも、この販売ページではページを閉じようとすると

「YouTubeで月額36万円稼ぐ方法を無料プレゼント」

というメールアドレスのリスト取りができる工夫まであり、よく考えられています。

つまりステップメールやLPに自分のアフィリコードを挿入して、購入者だけが得られる特別単価(個別報酬)でランドオブハンモックYouTuberを売れば売るほど儲かる仕組み、システムが出来あがっているのです。

たしかにYoutubeのそれらしきノウハウは、いくつか掲載されていますが、著作権部分には甘いところがみられ、リスクを負った方法であったとしてもランドハンモックYouTuberの無料オファーに誘導しようというのが、今回の目的です。

白石さんが推奨している、難しい「動画作成」が作成出来ない人に対しては、

「YouTubeで既にアップロードされている、
CM動画やアーティストの動画をパクりましょう」

そのパクった動画の後ろにLPを付けてリストを取ってください、ということを教えています。これは著作権に反することですが、アカウント削除はもちろん覚悟のうえでということです。

削除される可能性が実際には低いので、YouTubeで再生回数を増やし
その動画から、自分も購入したハンモックYouTuberを売りましょう…ということ。

YouTubeを集客の入口として無料オファーに誘い出し、登録した人に対してステップメールで教育して、販売ページに成約させるという「DRM」の手法を組み込むことで高額商品であってもYouTubeATMシステムを用いれば、面白いように売れていくというわけです。

Youtube動画アフィリエイトという2つの仕組みを使った、ある種の「ネズミ溝」的商法で、YouTube(ユーチューブ)本来の使い方とはかけ離れた手法であることは間違いありません。

白石さんが独自開発したと自慢している「YouTubeATMシステム」で何より結果として最も利益を得るのは、このランドオブハンモックYouTuberの仕掛け人である「白石達也」さん本人に他なりません。

1年で1億超えたとか書いてますが、あくまでも売り上げであり
この数字が白石達也さん自身の収入(年収)とは明らかに違うのですが、
これは読む人を勘違いさせるような書き方です。

「本当に良い商品なのであれば、自分の実績などではなく、
お客様を稼がせた実績を見せるべきです。」

このランドオブハンモックYouTuberのセールスレターには、以前に開催した高額塾における、多くの参加者の生の声を届ける動画が、クドいほど紹介されています。
ですが、その人たちの「実績」となる客観的な証明などは一切公開されていません。

動画の中では、しきりに「私は大金を稼いだ」という話をしているのですが、
要は「そういう話をしているだけ」なんです。

さらに言えば、このセールスレターの中で、
その確固たる「実績の証明」になるようなものは2つしかありません。

  • YouTubeで278万回の再生回数を記録したキャプチャ画像
  • YouTube動画で稼いだ67万円のアドセンス収入

実績の証明となるようなものは、この2つだけなんです。

67万円は、2年間の実績です。
一ヶ月で3万弱?の稼ぎということです。

しかも、この278万回という再生回数で60万円以上のアドセンス収入というのは、普通にはちょっと考えられない数字です。

一般的にYouTubeによるアドセンスアフィリエイトでは、
再生回数の10%が収益になるといわれています。

再生回数が278万回であれば、
せいぜい3000ドル程度が妥当な金額ではないでしょうか。

少なくともYoutubeを利用したビジネスや、動画ビジネス
“まともな収入源”を構築していきたいなら、
このような「一攫千金」をアピールするような情報に頼るべきでは無いと思います。

ステージ1:YouTubeアクセスマスターランド(年収400万レベル)

ステージ2:YouTube映像作成マスターランド(年収1000万レベル)

ステージ3:レバレッジアフィリエイトランド(年収3000万レベル)

ステージ4:不労所得収入ランド(年収4000万レベル)

ステージ5:年収1億円ステージ

間違っても手を出すべき商材ではない、というのが個人的な意見です。

この手法のメインはアドセンスではなくアフィリエイト収入で稼ぐというもので、
ランドオブハンモックYouTuberという情報商材そのものを売って利益を得るという高額塾です。

高いものだから良いモノだ、といった印象を抱きがちですが、必ずしも高いものがすべて良いものとは限らない、という点に私たちは気をつけるべきだと思います。

売れている間はともかく、売れなくなってきて、元が取れないといった批判や否定の声が購入者のなかで溢れだしてきた時に、どうなるのかが不安要素です。

「LAND OF HAMMOCK YOUTUBER」は、3つのコースから選べる

“ランド”オブ“ハンモックYouTuber”のコースは3つあります。

  1. Level1(ステージ1)
  2. Level4(ステージ1~ステージ4)
  3. VIP(ステージ1~ステージ5)

という形で、Level(レベル)が高いコースほど、
より高いステージレベルの内容まで学べるようになっています。

一番安い「Level1」が、  通常価格559,100円⇒特別価格149,700円
2番目に安い「Level4」が、通常価格718,200円⇒特別価格199,700円

一番高いランドオブハンモックYouTuber VIPコースは、
通常価格1,017,600円⇒特別価格299,700円となっています。


>> ランドオブハンモックYouTuber VIPをみる

教材の全てを学ぶにはVIPコースに入るしかないので、
最も高額なコースへ誘導しているのが明らかです。

30日の完全返金保証制度

このランドオブハンモックYouTuberは、
「30日以内なら返金に応じる」という返金保証を付けています。

30日以内にメール一通連絡して頂ければいかなる理由でも決済手数料を除いた参加費を全て取り戻すことができます。

とアピールしていますが、この手数料がいくらなのか明記されていません。販売開始当初のセールスページには『代金の8%を徴収する』と書いてありました。

8%だとすれば、一番安いコース「レベル1」は代金が約15万円だから、約12000円。最も高い「VIPコース」だと約30万円ですので約24000円になります。

この手数料だけでも、他の情報商材が買えてしまうような値段となってしまいます。

また、なぜ返金期間が30日という短い期間の設定なのか、不明です。

ランドオブハンモックYouTuber販売ページでは、9週間後に安定した収入と大量のメールアドレスリストを保有することが可能だと謳われています。どうして、結果が出るとされている9週間後より短い、それ以前の返金にしか応じないのでしょうか。

完全返金保証があるので、一見すると安心できるような気分になってしまいますが、その中身について掘り下げてみれば疑問を感じてしまう内容となっています。

ランドオブハンモックYouTuberの推薦者

ランドオブハンモックYouTuberの販売ページには、業界の重鎮の方が
推薦文を書いています。

株式会社エルハウスの平秀信さん、元インフォトップ代表の田中保彦さんです。
平秀信さんは、日本におけるダイレクトレスポンスマーケティングの先駆者みたいな方で、伊勢隆一郎さんや七星明さんといったアフィリエイターを輩出しています。

いわば白石達也氏は、伊勢隆一郎氏・七星明氏公認の
平秀信一門のNo1ルーキーだったということです。

本物の情報商材、アフィリエイト商材とは…?

Youtubeマーケティングの可能性は否定するつもりはありません。多くの可能性に溢れた市場、サイトだと思います。

ただ本当に良い情報・長く稼げる情報・後発組でも同じように稼げる情報でなければ、高いお金を払う価値がありません。

ハンモックYouTuberはネズミ講ではありませんが、
あきらかに先に買った人が莫大に稼げた商材だと思います。

今から購入しても稼げる人は、莫大なリストを持っている人や何かの媒体でファンが多くついている人じゃないとキツイかもしれません。

どうせYoutubeを使うなら、自分のキャラクターを確立して自分の力できちんとお金を稼いでいく方が断然充実感があると思います。自分で撮った動画の再生回数がどんどん上がって、そこから動画アドセンスでの報酬をもらっていくような本来のYouTuberとしてのビジネスモデルです。

こうした稼ぎ方を身に付けて、
しっかりと長続きするビジネスをしたいと思いませんか?

このランドオブハンモックYouTubeのような他力本願的な要素で稼いでいったとしても、こうしたビジネスモデルではもし悪評でもたったら一瞬で終わっていまいます。どう考えても長続きはしないと思います。

何より、自分のスキルとして身に付くものは何もありません。

個人的には、価格的にもノウハウ的にもYouTubeならYouTube Adsense攻略情報共有プログラムの方が良いと感じます。このランドオブハンモックYouTuberに30万円支払うつもりでいたような人なら、モノは試しというレベルでも参加できるプログラムではないかと思います。

ただし、ランドオブハンモックYouTuberの発売は2014年8月なのですが、
これだけ長くヒットし

最近のインフォトップの販売ランキングではベスト10に3つともランクインしている事実。先日はなんとランキングの1位~3位を全て独占していたという偉業。

ここまでの実績を上げていると白石達也氏という人間、そして販売している商品に対する評価も変えざるをえない状況かと考えさせられます。

結局、なんだかんだ言っても多くの人が購入し、しかもロングヒットしているということは、時代に合った商材そして販売手法なのではないか?ということです。

こんな凄い実績を見せられると、
これからの情報販売のイノベーションなのかもしれない…。

白石達也さんの優良なツールを使って、最短でアフィリエイトでお金を稼ぎたい方には向いているのかもしれません。



>> ランドオブハンモックYouTuber(特典付き)をみる

評価済みアフィリエイト商材ランキング



サブコンテンツ

このページの先頭へ