ハイブリッドメディアアフィリエイト(HMA)レビュー 小西和夫

ハイブリッドメディアアフィリエイト

YouTubeアドセンス以外の収入源の確立

ハイブリッドメディアアフィリエイトはYouTubeを使ったノウハウですが、
YouTubeアドセンス以外の収入源の確立をテーマとして作られた商材です。

YouTubeの情報商材は、次々と販売されて市場が激化する中で、Youtube自体も進化を遂げてきています。

これまでYoutube商材の定番となるキャッシュポイントといえばYoutubeアドセンスでした。このブログでも推奨しているYoutubeアドセンス攻略情報共有プログラムもアドセンスのアフィリ商材です。

なお、ハイブリッドメディアアフィリエイト(HMA)の小西和夫さんはYoutubeを使って稼ぐ方法という商材もリリースしています。こちらはパソコンのみで、声出しもせずYouTubeにアップロードする動画を作成していく方法や著作権違反にならないような対策が学べるというものでした。

HMAのノウハウはYoutubeアドセンスを頼りにせず、収益化できない動画も有効活用してキャッシュを積んでいける、というのがポイントとなっています。

ハイブリッドメディアアフィリエイトの実践方法

ハイブリッドメディアアフィリエイトは、Youtubeを含めた「3つの動画サイト」と「キュレーションサイト」を連動させ、「Youtubeアドセンス以外」で稼ぐ方法です。

>> ハイブリッドメディアアフィリエイト(HMA)をみる

動画サイトの収益は、あくまで『任意』であって、収益化をしていてもノウハウの収入には、大きく響きません。

収益化していれば報酬に加算されるただそれだけのことであって、収益化できない動画でも問題なく使えます。むしろ、これまでYoutube商材に取り組んできて、収益化できていない動画があるのなら、それも活用して稼ぐこともできるでしょう。

このハイブリッドメディアアフィリエイトの仕組みは、ほぼコピペとクリック程度の作業で作り上げることができ、最後に動画の力で歯車をフル回転させる。

だから、誰でもできる、という方法です。

応用次第で、どんどん大きく稼げる要素があります。

大まかな作業の手順としては、

  1. 商品を決める
  2. 商品ページをブログで作成
  3. キュレーションサイトでまとめを作成
  4. YouTube、デイリーモーション、ニコニコ動画に動画を作成して投稿し、
    そこからブログやキュレーションサイトへアクセスを流す

といった感じです。

全ての作業をこなすことができれば、文字通り「ハイブリッドメディア」という、今後長期的な資産となっていく個人メディアを手にすることができるようになっています。

しかも、こういったことはハイブリッドメディアアフィリエイトのマニュアルの中で詳しく丁寧に動画やキュレーションサイトの作成方法まで書かれているので、安心して作業に取り組めると思います。

ハイブリッドメディアアフィリエイト(HMA)で使用する3つの動画サイト

今回このハイブリッドメディアアフィリエイト(HMA)で使用する動画サイトは、Youtubeだけでなくデイリーモーションニコニコ動画も使用します。

この商材では『最も簡単で反応の取れやすい動画作成事例』が用意されているので、素人でも問題なく動画を作成することができ、また、その動画の内容も難しいものではありません。

なので、これまで動画ビジネスに取り組んできた方はもちろんのこと、動画ビジネス初心者という方でも、問題なく取り組むことができるような内容となっています。

初心者でも比較的にカンタンに作ることができます。

また動画1つを作れば、他の2つのサイトにも投稿できるので、3分の1の労力ですませることが出来ます。

ただし、ハイブリッドメディアアフィリエイト(HMA)では、これらの動画サイトはあくまでサブの位置づけであり、メインはキュレーションサイトを主軸として稼ぐ手法となっています。

キュレーションサイトとは?

キュレーションサイトとは、ネット上の情報が1つの媒体に収集され、まとめられているサイトのことです。

  • NAVER (ネイバー)
  • Gunosy(グノシー)
  • SmartNews(スマートニュース)
  • intely(インテリー)
  • Anttena(アンテナ)

など、どれも有名なキュレーションサイト(まとめサイト)です。

テレビCMで放映されているサイトもあるくらい、今、盛り上がっている(儲かっている)それがキュレーションサイトです。

ネット上の情報を収集し、まとめる人のことを『キュレーター』と呼びますが、そのキュレーターが色々な情報を整理しユーザーが好みの情報を提供しています。

ユーザーに有益な情報を与えるということは「アクセスを集める」ということにも繋がります。そして、多くのアクセスを集めることができれば、広告費等の収益化することもできる、というわけです。

実はそんなキュレーションサイトが、今や個人でも手軽に作成し、運営することができるようになったので、それを収益化して資産を構築することも可能になっています。

そこで生まれたのがハイブリッドメディアアフィリエイトのキュレーションサイトを使った新戦略ということです。

NAVERまとめサイトはあえて使いません。
まだ、あまり知られていないサイトを使っています。

Dailymotion(デイリーモーション)を使って稼ぐアイディア

Dailymotion(デイリーモーション)を使って稼ぐアイディアの商材は、
これまで無かったと思います。

Dailymotionは、いわばヨーロッパ版Youtubeで、実はYoutubeよりも、ほんの少しだけ早くサービスが開始された老舗なんです。日本でもだんだん知名度をあげていますが、その実力は折り紙つきで毎日9000以上の動画がアップされ、1日1600万PVのモンスターサイトです。

そしてDailymotion(デイリーモーション)のいいところは、Youtubeと同じように、説明文に外部リンクを貼ることが可能だという点です。

ハイブリッドメディアアフィリエイトはキャッシュポイントが複数ある

この新戦略は、

動画サイト×キュレーションサイト×アフィリエイト
という『3つの歯車』を回して収益を積み上げる

この仕組みがハイブリッドメディアアフィリエイトの特徴となっています。

ハイブリッドメディアアフィリエイト【実践】

複数のメディア、だからハイブリッドなんです。

そこで狙うキャッシュポイントは、

  • YouTubeアドセンス(任意)
  • キュレ―ションサイト PV報酬
  • キュレ―ションサイトクリックによる報酬
  • 物販や情報アフィリ誘導による成約型のアフィリエイト報酬

つまり複数のキャッシュポイントがあるので、1つがダメになったときでも収入がゼロになることはないということです。しかも、このノウハウなら、動画が関連するのは一部だけです。

ブログアフィリやサイトアフィリ、YouTubeアドセンスでも同様ですが、削除されてしまったら、もうそこからは1円も報酬は発生しません。

しかしハイブリッドメディアアフィリエイトの方法なら、たとえ1つが欠けたとしても稼ぎ続けられる仕組みになっています。

ハイブリッドメディアアフィリエイトは2つのプランがある

ハイブリッドメディアアフィリエイトには2つのプランが用意されています。

  • ハイブリッドメディアアフィリエイト通常版(サポートなし)・・22,800円
  • ハイブリッドメディアアフィリエイトサポート60日プラン・・・33,800円

この価格差は約1万円です。

ネットビジネスに手を出したことがない人や本当に稼げるか不安な人は、小西さんのサポート付きプランを購入した方がいいと思います。

動画サイトとキュレーションサイトを融合させた新プログラム

HMAハイブリッドメディアアフィリエイトについては、YouTubeはあくまで「サブ」で、キュレーションサイトを「メイン」としています。

YouTubeは、

  • SEOが不要
  • 文章力が不要
  • 商品の売買に関係なく、報酬を得ることができる

ことがアフィリエイト初心者にとって参入の壁を低くしています。

キュレーションサイトはこの条件を満たしつつ、さらに動画を作る手間もなく
簡単にコンテンツが出来あがってしまいます。

画像や映像の場合、著作権や肖像権に配慮して人の素材や画像を選別し、ただ編集の繰り返しで時間を奪われることもあります。

ところが、キュレ―ションサイトは動画サイトブログとは異なり自分で文章を作る必要がなく、動画よりもさらに早くあっという間にコンテンツを作ることができてしまいます。

まとめ動画と言っても、それほど高度な技術は不要なので、
取り組みやすいと思います。

個々のメディアで得られる報酬の「足し算」ではなく「掛け算」を狙えるという点で、ハイブリッドメディアアフィリエイトは、単体のアフィリエイトノウハウよりも
大きく稼げる可能性があります。

予想に反して「ハイブリッドメディアアフィリエイト」は、地味にコツコツと資産型のコンテンツを増やしていく方法ということで、良い印象を持ちました。

ジワジワと各メディアが力をつけていくことによって、報酬も加速度を増していきます。初報酬までは早いでしょうが、初期段階での報酬は少なめと思っていてください。


HMAハイブリッドメディアアフィリエイト

>> ハイブリッドメディアアフィリエイトの販売ページをみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ