お宝発掘キーワードツール「プレシャスキーワード」クリアイズム片桐健の評判は?

プレシャスキーワード

クリアイズム有限会社 片桐健さんが販売する“キーワード検索ツール”

ネットではあまり評判が良くないクリアイズム有限会社の「プレシャスキーワード」が気になったので紹介します。

KIJII改もクリアイズムの片桐健さんの記事作成ツールでした。

販売者のクリアイズム有限会社は「SEO対策ソフト」や「アクセスアップソフト」を開発して販売するのを本業としています。

なので、こうしたツール販売はクリアイズムの得意分野で、
今回のツールはお宝キーワードを抽出できるキーワード検索ツールというものです。

このキーワードツール「プレシャスキーワード」は先行販売の先行販売?が行われており、それにはツールの再配布権も付いていたようです。

自信があるツールであれば、ふつう再配布なんてことはしないと思うのですが、
どうなのでしょう?

プレシャスキーワードのレビューと評価

プレシャスキーワードの主な機能は、検索キーワードと関連キーワードの
“ずらし効果”により検索上位表示を可能にさせるというものです。

>> プレシャスキーワード(特典付き)をみる

これは自分が調べたい検索キーワードをツール内に入力することで、『検索上位』に表示しやすい関連キーワードを検出してくれるという機能です。

それに加えて、話題性の高いトレンドキーワードをワンクリックで検出する機能も付いています。検出したトレンドキーワードで、上位表示させるための「関連キーワード」も検出できますが・・・

機能はこれだけのようです。

キーワードの検出元は、Yahoo!の「虫眼鏡」とGoogleの「キーワードプランナー」だと思われますが、いくら何でもこれは目新しい部分が一切ありません。

従来のキーワード検出ツールで付いてるのが当たり前の機能ばかりであり、
プレシャスキーワードでなければいけないという理由は見当たりません。

プレシャスキーワードで言われているお宝キーワードで作ったタイトルでサイトを作る。そうすればライバルが少なく検索数が多いので、簡単に上位表示出来てしまう。ということらしいです。

そうは言っても、このツールは被リンクを付けるものでもなければ、サイトを自動で作成するというものでもありません。

欲張って少しでも稼ぎたい、アクセスを増やしたいと言うのであれば、もう少し知恵を絞らないといけない感じがします。

ツールだけに頼ろうとするのは危険です

ツールが効果を発揮して機能することは間違いありませんが、その結果を生かすも殺すも使い方次第です。

キーワード選定がよく分かっていない人が、セールスレターの文言通りに、同じような結果が出せるとは限りません。逆に言えば、プレシャスキーワードを使いこなせる人は、既存のツールでも結果を出せるハズです。

正直なところ、ツールに頼ったニッチキーワード検索はあまりお勧めできません。

なぜなら、ツールを購入した人が多ければ多いほど競合が増えていく…つまり、飽和してしまうからです。同じアルゴリズムのツールをみんなが使ってしまったら、市場が飽和するのは時間の問題です。

今ライバルがいないから、サイトの中身がスカスカでも関係ない、と考えるのは少し甘いです。

もしそのキーワードを他の人が見つけた場合、
コンテンツが上位表示の鍵となります。

ですから競合のないキーワードを探すツールだけに頼っていると、それまで稼げていたサイトが、ある日突然収入が下がった…ということも十分ありえます。

おすすめのキーワードツール

「キーワードを制する者が、ネットビジネスを制する」とも言われるくらい
キーワード選定は大切です。

ツールとしては真面ですが、もっと安い既存のツールと差がありません。あえてこのツールを選ぶ必要を感じません。

キーワード選定を効率化するためのキーワード検索ツールに関しては、有名な優良ツールがすでに二つあります。

それはキーワードスカウターSももんがです。

私はどちらかと言うとキーワードスカウターSの方をオススメしていますが、この二つのツールによって、キーワード検索ツールに求められる必要な機能は既にほぼ満たされていると思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ