アメブロビズ3(AmebloBiz3)【評判とレビュー】

アメブロビズ3

アメブロビズ3~集客の為のアメブロビジネステンプレート Ameblo Biz3~

アメブロビズ3~集客の為のアメブロビジネステンプレート Ameblo Biz3~がアメブロビズ2の後継版として登場しています。

アメブロビズ2自体、高機能で評判もよく、多くの種類のテンプレートを作成できる優れモノでした。

  • CSSなんて知らない
  • HTMLなんて分からない

こんな方でも簡単に、アメブロをカスタマイズ出来るツールアメブロビズです。しかも、アメブロビズの最大の特徴というのがWordPressと全く同じデザインのテンプレートを簡単に作れてしまうところです。

アメブロビズ3(AmebloBiz3)は、アメブロとワードプレスのテンプレートを同時に作成できる便利なツールです。

最新のアメブロビズ3を開発した株式会社サイバーインテリジェンスは、これまでに

  • アメブロ管理ツールAmebaKING
  • Facebookアプリつくーる、Facebookアプリつくーる2

といったツールも作っています。

アメブロビズ3(AmebloBiz3)のレビュー

アメブロビズ3(AmebloBiz3)があれば、直観的な操作でアメブロとWordPressのテンプレート作成が同時にできてしまいます。

AmebloBiz3のマニュアルは図解入りで、スムーズに設定できると思います。また、ソフトは単純な操作なので、何の迷いもありません。

  1. ベースとなるデザインの選択
  2. カラムタイプの選択
  3. 各種設定

を行えば、完成♪

たった5分の作業で、アメブロとWordPressのテンプレートをいくつでも作成できます。作成方法もよりシンプルで簡単になっています。

CSSやHTMLの知識がなくても、とにかくキレイなテンプレートが作成できます。

ただし、カスタマイズしたい人にとっては少々物足りないかもしれません。

またアメブロビズ3(AmebloBiz3)はMacには対応していないので注意が必要です。(似たような機能を持ったツールをお探しのMacユーザーには、アメプレスをおすすめします。)

テンプレートの種類が豊富

アメブロビズ3(AmebloBIZ3)では、テンプレートの種類がかなり多く、他の人と差別化しやすくなっています。23パターンのカラー6色展開、カラム数を合わせると全部で10,000通り以上のブログを作成できます。

以前のアメブロビズ2(AmebloBIZ2)は、デザイン的には7パターン、1000通りでした。

さらにAmebloBIZ2にはなかった、ワードプレスのサイト表示がレスポンシブ対応になっています。

今や、スマホでサイトを見るのが当たり前の時代です。テンプレートはどれも綺麗なデザインで、サイドバー・見出し・アイコン、小さいところまでしっかりデザインされているのでブログの第一印象は良いものとなるでしょう。

検索エンジンに好まれる作り

検索エンジンから好まれる(上位表示される)WEBサイトの条件として、よく挙げられるのが、Web標準に準拠した正しいマークアップが出来ているか、ということが重要視されています。

アメブロビズ3(AmebloBIZ3)においてW3C準拠の確かなコーディングが施されています。

W3Cのコードチェックにおいて、HTML5、CSS共に、完全に条件をクリアしていますので、とくに意識しなくても、SEOに強いサイトが自然に作成することが可能です。

アメブロビズの活用方法

アメブロビズのテンプレートは、アメブロでもワードプレスでも、基本同じデザインです。

アメブロと同じデザインのWordPressブログを作って具体的にどういったメリットがあるのかと言えば、アメブロからWordPressへ読者自身も気づかないうちに誘導させることが出来ることがメリットになります。

アメブロのユーザー数は、FC2ブログやライブドアブログをおさえ、圧倒的な利用者数を誇っています。アフィリエイターだけでなく、士業、サービス業、飲食店など、数多くのビジネスオーナー達が、続々とアメブロに参入しています。

ただし、アメブロは商用利用は出来ないので、アメブロ上で直接何かを販売したり、商品リンクを貼ったりしては規約違反となります。

そこでアメブロビズを使えばそのアクセスを無駄にせずに、WordPressサイトへと誘導できるというわけです。リンクした移動先のWordPressブログで何か商品を販売したり、紹介すれば良いという流れです。

一度テンプレを作ってしまえば、後は誘導する記事を書けばいいだけですので、かなり効率的にアクセスを集める事ができます。

>> アメブロビズ3(特典付き)をみる

サブコンテンツ

このページの先頭へ