ローカルターゲティングPPC(橋北 友樹)のPPCアフィリエイト戦略とツール

ローカルターゲティングPPC

PPCアフィリエイトで重要な“キーワード選定”

「ローカルターゲティングPPC」という情報商材が、
インフォトップランキングの上位に上がってきています。

A8の商品名キーワードの出稿禁止(正確には、全面禁止というわけではありませんでしたが…)のニュース。ASPのリスティングに対する締め付けが、だんだん厳しくなってきている昨今、極めてタイムリーな商材だと思います。

PPCアフィリエイトで稼げるかどうかは、

いかにライバル不在のキーワードを見つけ出すか

にかかっていると言っても過言ではありません。

アフィリエイトでリスティング広告(PPC)を使って多くの報酬を稼ぎたい場合、

  1. 商材の選定
  2. 適正なキーワードの選定
  3. ランディングページの作成

という手順が必要となります。

他のアフィリエイトにおいてもキーワード選定は重要ですが、PPCアフィリエイトではそれ以上にキーワードが売上を左右するということが言えます。

商品名そのものとなる商標キーワードが含まれたキーワードでの広告出稿を禁止する広告主やASPが増えていますから「関連キーワード」で広告出稿をするのが一般的になっています。

最近話題となっている広告単価が1円PPC広告を狙う手法にしても、需要がないために1円で放置されているケースが大半としても、それがライバル不在で成約につながるのであれば『宝の山』となるのは間違いありません。

今回のローカルターゲティングPPCでは、
よりライバル不在のキーワードの見つけ方が紹介されています。

ローカルターゲティングPPCのアフィリエイト戦略

橋北友樹さんのローカルターゲティングPPCは、地方の広告に限定することで
ニッチな分野で稼ごうという戦略です。

このPPCアフィリエイトの戦略的なものは、ほぼセールスレターの中で明らかにされていますが「地域名キーワード」を使い、穴場的なキーワードを見つけ出し、少ない広告費用でリターンを狙っていくといったものです。

少し前に、PPCアフィリエイトの高額塾で神谷優太氏が稼ぎまくっていましたが、その評判は最悪で、広告費ばかりかかって全然稼げない…という被害者が続出しています。

さまざまなキーワードで広告出稿をしようと思っても、既にライバルが複数いることも珍しくありません。つまり、広告代に膨大な広告費をかけるか、広告主がついていないニッチな分野で実践するしかPPCで稼ぐことはできなくなっているのです。

「ローカルターゲティングPPC」は、いわゆる地域密着型のアフィリエイト手法を提唱するノウハウをまとめたものとなっています。

なお、この教材の作者であり販売者でもある橋北友樹(ユウキ)さんは『気まぐれユウキのPPCアフィリエイト実践記』というブログをSeesaa ブログで解説されています。>>ユウキのブログ

ローカルターゲティングPPCアフィリエイト(橋北友樹)

ローカルターゲティングPPCを簡単にいえば、地域名などのキーワードを含めた複合キーワードで出稿するというものです。

「地域名」+○○というPPCキーワード設定手法を応用したPPCアフィリエイト教材です。

このノウハウは、商標名でのリスティングにも関わらず、ある方法を使って
わずか10円で1位表示させたキーワード設定法だそうです。

ほとんどの人が気づいていないローカル(地域)を利用したPPCアフィリエイト戦略を学べるのが、本教材のキモの部分です。

さらに応用するための思考法、キーワードの広げ方も紹介しているので、
ライバルが多いキーワードしか思いつかない方にとって、
この教材は非常に参考になるかと思います。

補足的なPDFも付いていますが、主となっているのは動画です。
(動画 約115分 PDF 111枚)

  1. 全体構造解説編
  2. PPCアフィリエイト基礎概念 その1
  3. PPCアフィリエイト基礎概念 その2
  4. ローカルターゲティングPPC基礎戦略
  5. 補足解説動画
  6. サイト作成編
  7. 応用編

橋北友樹さんは、この動画の中で、ライバル調査のやり方やターゲティング設定についても、明らかにしてくれています。どのジャンルを攻めるかまで触れらているので、攻めるジャンルについても参考になると思います。

なお、このローカルターゲティングPPCは、PPCアフィリエイトのノウハウとしてのレベルで言えば応用編といった感じがします。

今、PPCで稼いでいる人がさらにノウハウを広げるという目的で、
この情報商材が販売されているといったものです。

販売者のサポート対応はおかしい?

この教材では、ノウハウに関するサポートは基本的に受け付けていないとのことです。ローカルターゲティングPPCのノウハウに関するサポートはしないと明言されていますが、PPCに関する質問なら受け付けるそうです。

普通は逆です。当然のことながら、ノウハウに関する質問をしたいです。ノウハウのためのメールサポートが付随していないという時点で、初心者向きの教材ではないということが明らかです。

PPC広告で、地域密着型キーワードは有効なのか?

ローカルターゲティングは、地名をさらに掘り下げ
○○○や▲▲▲などのキーワードを狙おうというものです。

しかし、これも良し悪しで、ライバルがいない地域名のキーワードで広告を出稿しても、クリックしてくれるお客様がいなければ全く無意味な作業となってしまいます。

ニッチなキーワードを狙っていくということは、安く広告を出せる反面

  • キーワードに関連した商品がない
  • キーワードでの検索ボリュームが少ない

といった裏返しの側面もあるわけです。

従来の地域名を使用したキーワード選定は、

求人、美容院、エステ、不動産、居酒屋などの案件を使用し、広告文にもその地域名、メインキーワード(例:美容院)を入れて「原宿+美容院+おすすめ」のようなキーワードを選定し、出稿するというものでした。

しかし、この手法はすでに多くのPPCアフィリエイターに広まっており、
ライバルが多く、もはや飽和している状態だと言わざるを得ません。

と言っても、まだまだこの手法は扱うジャンルによっては
十分参入する価値はあるかと思います。

例えば、美容室の例で言えば、
原宿で美容室を探している人は

「美容室」以外では
どんなキーワードを打ち込むだろう・・・

と考えてみるということです。

つまり検索者をできるだけ細かく
イメージしてみる、ということです。

そうするとまだまだ美味しいキーワードも
たくさん見つかります。

PPCアフィリで稼ぐには本質を学ぶ、本質をとらえる必要があると記載されていますが、この場合、その本質というのは『検索者の意図』をどう捉えるかということです。

地域密着型キーワードで、ライバルの少ないキーワードを見つけることは可能ですが

ライバルが少ないからと言って、必ずしも収益に繋がるかどうかは別物なので、
あとは個人の力量とか、商品力が重要といった感じがします。

PPC広告は、あくまでも『集客術』の1つでしか無いわけで、これ1つでPPCアフィリエイトを始めようとすると、おそらく無駄な広告費を垂れ流しにするだけの結果に終わってしまうと思います。

キーワード戦略だけでは稼げない

このノウハウは、いわばPPCのタイトル作成に困った…ある程度、PPC経験がある人には、スキマ的なキーワード選定法を新たに発掘するという意味でいいと思います。

PPCアフィリエイトをする上で、ブルーオーシャンのキーワードを見つける
ことは確かに重要なポイントです。

しかし、それ以外の部分である

  • 広告文の作り方
  • サイトの作り方
  • 商品選定

も、同じくらいに重要なはずです。

PPC広告で、いくら集客できたとしても、その先でコンバージョンできなければ、まったく意味がありません。仮にクリックしてもらえたとしても、その先にあるランディングページの質が悪ければ成果は上がりません。

つまり集客さえ出来れば、売上が上がるような甘いものではないということです。

元になるアイデアは極めてシンプルなのですが、ローカルターゲティングPPCは、ランディングページの部分があまり詳しく説明されていません。

地域密着型キーワードについてはしっかりと説明されてますが、肝心のランディングページのノウハウの部分をきちんと説明してくれないと収益には結びつきません。

販売者である橋北友樹さん自身はきっとローカルターゲティングPPCのノウハウで実際に稼げていると思うのですが、それは「地域密着型の安い単価でPPC広告を出している」ということだけが要因では無いと思います。

サイト作成やランディングページ等にも、
それなりのアイデアを盛り込んでいるはずです。

つまり、キーワードだけでは駄目だということです。

それと同じくらいモノが売れる仕組みをきちんと構築することが出来ていなければ、やはり結果を出していくことは出来ません。

そうで無ければ、たとえ1円という単価でPPC広告が出せたとしても、
結果に繋がるはずがないからです。

全国マップのアフィリエイトテンプレート“エッジプラス1”との組み合わせは面白いかもしれない。

橋北さんが販売ページでも書かれていますが、当教材を学んでPPCアフィリエイトを実践したい方は、最低でもサイト作成ツールが必要となります。

サイト作成ツールといえばSIRIUSが有名ですが、この作成ソフトはすでに多くの方が実践して使っていると思います。

そうした中で他とは差別化を図りたいという方がいればエッジプラス1というテンプレートを試してみてはどうでしょうか。

エッジプラス1は、アフィリエイトで収益を出すことを目的に作られた
アフィリエイト専用ツールです。

なにより特筆すべきは、アフィリエイト専用テンプレート「エッジプラス1」には、
全国マップテンプレートが用意されているということです。

全国マップテンプレート

このテンプレートであれば、地域名キーワードを使ったPPCアフィリエイトのランディングページを作るのに最適ではないでしょうか。

市販されているテンプレートでは満足できなかった実績のあるアフィリエイターが自ら開発したサイトテンプレートですので、かなり役に立つと思います。

私自身なかなか面白いアイデアではないかと思っているのですが、まだ実践するところまでは至っていません。機会があればぜひ実践してみたいと考えているものです。

ローカルターゲティングPPCときっとベストマッチングする気がします。

全国マップテンプレートの付いたエッジプラス1については、以下でも検証していますので、良かったら参考にしてみてください。

>>アフィリエイト専用テンプレート「エッジプラス1」レビュー

ローカルターゲティングPPCの推薦者

ローカルターゲティングPPCには、数名の方が推薦文を寄せています。

有名な人物としては、PPCアフィリエイト顧問の津田明さんやPPCバイブルの遠藤まさみさんといった人がいます。お二人ともPPCアフィリエイトに関する商材を販売されており、PPCアフィリの世界ではエキスパートといってよい程の人たちです。

PPCアフィリエイトのみならず、PPC広告から学べるアフィリエイト教材

このローカルターゲティングPPCアフィリエイトは、PPC経験者に向いています。
PPCアフィリエイトの実践経験がある人がステップアップするための教材だと言えます。

地域密着型といったキーワード選定をメインとしており、
商標に頼らないPPC、ライバルのいないPPCが実践できるノウハウです。

なお、この地域名キーワードを狙っていく戦略については、ターゲットを絞って追及している教材だけあって『独自の着眼点』も多いので、PPCアフィリエイトに限らず、すべてのアフィリエイト経験者に役立つものだと思います。

それこそ、トレンド系アフィリエイトや物販系、金融系などのアフィリエイトにも幅広く使える戦略です。ライバルの少ないキーワードを狙えるという点で、PPC広告に限らず有効性がある内容です。

この地域名キーワードを狙う戦略はPPCアフィリエイトに活用するよりも、むしろ普通に物販やトレンド系のサイトアフィリエイトに活用した方が、より有効に活用出来るのではないでしょうか。

ここまで“穴場”的なキーワードを狙うことを徹底するなら、
あえてお金を払ってまでPPCに依存する必要はないのではないか、ということです。

ローカルターゲティングPPCの方法を使って普通にコンテンツを重ねていく形で、
物販トレンドなどに活用した方が効率的ではないかとさえ思ってしまいます。

サイト作成の部分についてあまり触れられていないのが残念ですが、
多くの気づきを得られるようなアフィリエイト優良教材と評価できるものです。

>> ローカルターゲティングPPC(特典付き)をみる


ローカルターゲティングPPCは初心者向けではない

PPC初心者にとっては、ローカルターゲティングPPCのノウハウだけでは
なかなか厳しい感じは否めません。

まだアフィリエイトでの稼ぎ方もよくわからない方や確実に稼げるようになりたい方には向きません。

間違っても初心者が最初に買う教材でないのは確かです。ローカルターゲティングPPCは、ちゃんと理解して取り込める人だけが購入するべき教材です。

PPCアフィリエイトで稼ぎたいという初心者の方は、
まずは、PPCアフィリエイトの基礎を学んでおいてください。

>>人情PPCの極意のレビューページをみる

3000円ほどのPPCアフィリエイト教材ですが、ローカルターゲティングPPCで至らない基礎的なポイントや本質的なポイントは、こちらの人情PPCの極意の方がしっかりと押さえてくれています。

PPCページ用のテンプレートもついており、初心者向けに内容が充実しています。


サブコンテンツ

このページの先頭へ