【PPCゲッター】レビューと評価

PPCゲッター

PPCアフィリエイトの作業を効率化

PPC広告を使って集客を行う場合、どのようなキーワードを使えば集客効果が最も高くなるのか、試行錯誤を繰り返していく必要があります。

ひとつひとつキーワードを検索していては、そのライバル広告をチェックするのも、結構時間がかかります。『お宝キーワード集』のようなものを使っても、思い通りの結果が得られるとは限りません。

何より広告費用を支払う必要があるので、なかなか当たりが見つからないと、広告費用を浪費し続けることにもなってしまいます。

そのため、こうした手間と時間のかかる作業を効率化してくれるのが【PPCゲッター】です。

今回このツールが改良され、旧バージョンにくらべて「複合キーワード」を
数倍~10数倍もたくさん収集できるようにバージョンアップされました。

PPCゲッター <広告主にやさしいPPC広告調査ツール>

PPCゲッターはPPCアフィリエイトにおける試行錯誤にかける時間を減らして、効率良くPPC広告を管理できるようになるためのツールです。

PPC広告文サイトの作成キーワード選定が効率的にできます

このツールでできる機能は、大きく分けて2つあります。

一つ目が、「ライバル調査」で、二つ目が「キーワード収集」です。

  • キーワードを入れると複合キーワードが自動で出て、
    キーワード毎のヤフーPPC広告のライバル出稿内容が一覧できる
    (だから、PPC広告文やサイトの作成・キーワード選定が効率的にできる)
  • ツールで収集した複合キーワード毎に、ライバルがヤフーPPC広告に出しているサイトを、広告主さんに費用をかけず、すぐに見ることもできる

こんなツールです。

とにかくシンプルで使いやすく、ライバルチェックもわざわざ広告プレビューツールを使用しなくても良いので広告文作成もストレスなく出来る点が良いと思います。

そして、この広告文良いなと感じたものを
上手くアレンジして、魅力的な自分だけの広告文とすることもできます。

これまでライバル調査キーワード抽出にかけていた時間を、大幅に短縮することが可能となります。

そして、無駄なテストマーケティングを省くことができるので、
広告費の節約にもつながっていきます。

なお、PPCゲッターはヤフープロモーション広告のみをターゲットにしており、
アドワーズなど他のPPC広告の調査には使えませんから注意が必要です。

広告主に迷惑だから・・・クリックするのは避けたいもう1つの理由

この「PPCゲッター」を使うと、ライバルのリアルタイムの出稿内容(広告文とサイト)を広告主さんに広告費をかけないで一覧できます。

販売ページをみると広告主に迷惑だから・・・というのは分かりますが、そんなこと言ってると結局負け組になってしまうのではないか、などと考えてしまいます。

ただクリックを避けた方がいい理由として、PPCアフィリエイターがライバル広告を、次々とクリックすることで、ライバルのクリック率が上がってしまいます。

クリック率は、品質インデックスに大きく影響しますから、ライバルの品質までも、あげてしまうことになってしまいます。

品質インデックスが高いほど、低い入札単価で上位表示ができてしまうので、
できればライバル広告のクリックは避けたいところです。

PPCゲッターは、あったら便利なツール

PPC広告自体を実践していなくても、複合キーワードをどうしようか悩んだ場合に、PPCゲッターを使うと便利だと思います。

でも、わざわざこれを使う必要があるのか?と問われると、微妙なところです。

今や検索エンジンで自動的に候補が表示されるので、複合ワード作成は以前ほど面倒なことではありません。

広告の説明文に関しても、クリックすれば見ることができます。

便利なのは認めますが、どうしても必要なツールとは言えない感じです。

アフィリエイトツールとして、悪くはない

【PPCゲッター】は、PPCアフィリエイトの学校(PPCアフィリエイト顧問)を主催している津田さんが「PPC広告のライバル調査に役立つツール」として開発されました。

津田さんは物販PPCを専門にやっている人で、PPCアフィリエイターなら知らない人はいないのではないでしょうか。某有名ASPから数々の賞もいただいているかなりの実力者です。

ですので、変なモノや詐欺ツールではないことは明らかです。

確かにPPCゲッターがあれば便利でしょう。値段も手頃ですし、
悪くはないと思います。

だからと言って、このツールを使ったからといって稼げるわけではない
いうアフィリエイトツールです。

>> PPCゲッター(特典付き)をみる


サブコンテンツ

このページの先頭へ