次世代自動記事作成ツール『ファントムライター』

ファントムライター

初心者も一瞬で文書作成!自動記事作成ツール

自動でアフィリエイト記事を作成できるツールというのが、またまた発売されました。

Trend-up Worksの五十嵐敦さんが販売者で『ファントムライター』という自動記事作成ツールです。

五十嵐さんは、これまでにも、こういったサイトアフィリエイト用のツールテンプレートを販売されています。

今回の自動ツールは、単語データベース標準搭載で
様々なカテゴリの記事を瞬間作成してくれるというものです。

その中身は一体どうなっているのか、まとめてみたいと思います。

次世代自動記事作成ツール『ファントムライター』の特徴

作成した記事は同じにならないのでスパムも安心!

次世代自動記事作成ツール『ファントムライター』は文章、単語データベース標準搭載で様々なカテゴリの記事を自動で作成してくれます。

記事作成ツール

この特徴は、

●31カテゴリに対応する記事が搭載

あなたのすることは、
添え付けファイルのカテゴリを記述したテキストを
ファントムライターに貼り付けて、記事作成ボタンを押すだけ。

たったそれだけで、一瞬で異なる記事が作成されます。

●単語データベース標準搭載

これまでの記事作成ツールのように、
単語辞書を自分で作成して変換候補を収集するという
面倒な作業はしなくても、すぐに使うことができます。

●あなた好みにパワーアップも可能

お好みのカテゴリーや単語リストを新しく作成すれば
自動記事作成の範囲が広がりますので、
幅広く応用して使用することが可能です。

といったものです。

お好みのカテゴリーや単語リストを新しく作成すれば自動記事作成の範囲が広がります。単語辞書を増やせば、益々パワーアップして幅広く応用して使用することが可能です。

31ジャンルの文書作成が可能

次世代自動記事作成ツール『ファントムライター』の売りは、多くのジャンルに対応していることです。

これまでの記事作成ツールでは、文章自動作成ツールPSWが1ジャンル、ゴーストリライター3が10ジャンルといった程度でした。

それがファントムライターでは、全部で31ジャンルに対応しています。

物販アフィリエイト

  • ファッション
  • ファッション小物
  • コスメ
  • シューズバッグ
  • ジュエリー
  • ペット用品
  • ベビーマタニティ
  • ヘルスビューティ
  • ホームキッチン
  • おもちゃ
  • カーバイク
  • スポーツ
  • パソコン機器
  • ホビー
  • 家電カメラ
  • 楽器
  • 大型家電
  • 文具オフィス
  • 腕時計
  • DVD
  • ゲーム
  • DIY

トレンドアフィリエイト

  • 芸能
  • テレビ
  • 映画
  • 流行りのゲーム

情報・ASPアフィリエイト

  • 悩み系の情報商材
  • 金融
  • ダイエット
  • 投資

オールラウンドなアフィリエイト記事の作成に生かすことが出来ます。

【特典】次世代記事作成補助ツール『リライトビルダー』

さらに特典として、あなたのリライトを強力にサポートする次世代記事作成補助ツール『リライトビルダー』が無料で使えます。

単語リスト、類義語・類似表現の自動収集など、ファントムライターの機能アップのために大変便利な強力で多機能のリライトサポートツールです。

リライトソフトまでが付属しており、同じソフト利用者にも安心のオリジナル記事が出来るように配慮されています。

こうしたツールは使い方次第

ファントムライターはネットから引用したコンテンツは無し!という点が最大の特徴で、量産アフィリエイトを行っている方たちの間でも人気急上昇中となっています。

記事を自動で書いてくれるというとても単純ですが大変便利なツールということです。

ただし、こういった文章記事作成ツールは、言われていることがどこまで本当で、はたしてアフィリエイトの実績に繋がるかどうかというのは、実際に使ってみるまでは分からないというのが正直なところです。

私自身は、ブログアフィリやサイトアフィリで核となる文章をこういったツールに頼るのではなく、文書作成のスキルであるコピーライティングの向上に努めてこそ成果が上がるものと考えています。

だからといって、作業効率を高めるためにツールを使用することを否定しているわけではありません。むしろ、有用なツールは使っていくべきだと思います。

個人的にはアフィリエイトを実践していく上で、自動作成された文章にあまり優位性を感じていないのですが、その一方で面倒な記事作成を簡単にしたいというニーズは高く、人気があるのも事実です。

ですので、この自動記事作成ツール「ファントムライター」については、
今後も情報を収集し、引き続き検証していきたいと思っています。

>> ファントムライター(特典付き)をみる


サブコンテンツ

このページの先頭へ