Twitter Brain 【評判とレビュー】

ツイッターブレイン

おすすめツイッターツール

ツイッターツールの決定版・最終形というべきものが登場しました。

Twitter Brainというツールです。

この類のツイッターツールの基本は、「フォロー&アンフォロー」を自動化させ
フォロワーを集めていくところにあります。

フォローマティックXYもフォローブースターPROも
基本的には、このフォロワー収集ツールです。

あとはBOTと呼ばれる「自動ツイート」機能がフォロー&アンフォロー機能を補佐するという、いわゆるツイッターツールは大きく2つの仕組みで成り立っています。

これでほぼツイッターツールとしての機能は果たし、十分完成していたわけです。

フォロワーが増えるスピードや、使用時の凍結率などを比較しているサイトも多いですが、ハッキリ言って、どちらもさほど大差はありません。

正直、この部分についてはTwitter Brainも大きくは変わらないです。

その理由はツイッター自体が1000人のフォロワーを超えた時点で
フォロワー数の1.1倍までしかフォローをしてはいけない、

実質的な“暗黙のルール”があるため、
どんなに高性能なツールを使ってもその数字を超えることが出来ないからです。

1000人のフォロワーがいれば、
1100人までしかフォローが出来ないということになります。

もし、フォロワー数がこのラインより増えない場合には、既存のフォローユーザーを解除して、また別のユーザーをフォローしていくしかありません。

つまり「フォロー&アンフォロー」の機能はこうした制限がある以上、
そのスピードを競い合っても仕方のない状況になっているのです。

また「凍結率」についても、これは使い方次第、という部分があります。

どのツールも最初は「相互フォロー」というキーワードで、相互フォローをしてくれるユーザーのみを対象にコツコツ、フォロワーを増やしていくことを推奨していますので、この方法を使っていれば基本的には、そうそう凍結はされません。

つまりフォロワーを増やすことを目的としたフォロワー収集ツールとしてのツイッターツールは、フォローブースターフォローマティックが作られた「フォロー&アンフォロー+BOT」ツールの段階で、ほぼ完成形になっていたわけです。

そのためフォローブースターは、ツールとしての機能性はこれ以上追及せず、ノウハウの方に力を入れ、フォローブースターPRO『ツール付きのツイッター教材』として発売しました。

これに対してフォローマティックは、フォロー&アンフォロー+BOTツールに
フォローマティックYという『リツイートによるツイート拡散を自動化させるツール』を付属してフォローマティックXYとしてバージョンアップしました。

その中で、フォロー&アンフォロー+BOTが基本となっているフォローマティック・フォローブースターに対抗してTwitter Brain(ツイッターブレイン)は、

「BOT機能の完全なオートメーション化」

を徹底して追及したツールとなっています。

Twitter Brainの概要

「Twitter Brain(ツイッターブレイン)」の中身ですが、

  • ツイッターツールの究極系システムツール
  • Twitter Brainを活用した3つのマーケティングマニュアル
  • Twitterに特化した140文字のコピーライティングマニュアル

これをメインに、

  • イーブックジャパンが存続する限りの無期限バージョンアップ
  • ツイッター初心者向けのビギナーズマニュアル
  • ツイッターマーケティングのメルマガ講座

といった3つの特典

さらに、

  • 技術サポート
  • 実践、活用におけるビジネスサポート(60日間)

といった内容です。

Twitter Brainの販売元は株式会社イーブックジャパンです。ここでおすすめ教材として推奨しているミリオンライティングコピーライティングアフィリエイトなどの販売会社です。

このツールに付属しているマーケティングマニュアルとツイッターに特化した140文字のライティングマニュアル。この2つの監修には、ミリオンライティングの著者である宇崎恵吾さんが名を連ねています。


ツイッターブレイン[Twitter Brain]で実現できることは、主に以下の3点です。

  • フォロワーが増えること
  • ツイートが読まれること
  • ツイート内のURLをクリックされる確率が向上すること

ツールだけでなく、ツイッターに関するマニュアルも付属しています。

Twitter brainの自動ツイートツール

Twitter brainの何といっても、まず一番の魅力は
BOTの自動生成機能:つぶやきの自動化です。

このツールは、自動でツイートを抽出してBOTの作成までを自動化してしまう優れものです。しかも、これはサーバーに設置するタイプなのでパソコンの電源を落としていても全く関係なく24時間動作し続けてくれます。

題して、“リサーチ型BOT”

簡単にいえば、ツイッターユーザーに「ウケる」「ウケた」ツイートを自動的に取り込んで、それを自分のツイートとしてつぶやいていってくれるというものです。

あなたのアカウントに合ったキーワードで、つぶやきを設定したスケジュールでランダムにつぶやいてくれます。(つぶやき設定間隔は、30分から1時間⇒12時間まで、1時間刻みの設定ができます。)

従来のツールと比較して明らかに違うのは、つぶやきBOTを作成する苦労がないという点です。これからは自分で面白いツイートを考える必要がない、ということです。

そのために実際にやるべきことは、フォロワーの属性を指定するキーワードや取り込むツイートのキーワード指定をマッチングさせ、その属性に合ったツイートを取り揃えることです。

ツイッターでいう面白いツイートは、「フォロワーが反応するツイート」であり、フォロワーが反応するツイートをつぶやいているユーザーは、当然のことながらフォロワーからも注目されます。

“一目で興味を引き付けられるインパクト”
“触発的にクリックという行動を引き起こさせるフレーズ”

これまで、ただフォロワーを増やすだけのツールだったツイッターツールが、「反応のあるツイートをつぶやく」という強力な拡散力が加わることで、自分が希望するキーワードで、フォローやアンフォローを繰り返しながら、属性に合ったフォロワーを呼び込んでくれます。

こうした反応のあるツイートをつぶやくことで得られるフォロワーは、フォローとアンフォローによって得られるフォロワーとは違い、自然に集まるフォロワーです。

この自然に集まるということが、ツイッターの最大のリスクである「凍結」への最高の対策にもなります。

フォロワーが集まったら、そこに情報を発信できるようになり、ブログに誘導したり、メルマガを購読するように促して、ビジネスに繋げていくことができるようになるのです。

つまり、ブログメルマガなどのキャッシュポイントがすでにある人であれば、短時間で集客装置が作れるということになります。

このTwitter Brain-ツイッターブレインを持っている方と持っていない方では、今後のツイッターマーケティングでの成果にも驚くほどの格差が生まれてくるのは明らかです。

Twitter Brain(ツイッターブレイン)の推奨サーバー

Twitter Brain(ツイッターブレイン)ではハッスルサーバーKAGOYAサーバーを推奨しています。

ツールは格安のレンタルサーバーを借りて、そこに設置するタイプです。

【ハッスルサーバー】なら、レンタル代金として月額300円程度かかりますが、自分のパソコンには負担がかからないこと、そして50以上のアカウントでも問題なく安定した稼働ができるということが利点だと思います。

マニュアルに図解入りの説明があるので、初心者でも設置できるかと思います。
煩わしい作業は無く、ツールの設置とBOTの設定さえできれば、ツールの起動などは一切不要で手間がかかりません。

そして、もうひとつのカゴヤのレンタルサーバーは国内ではアダルトOKの強力なサーバーとして有名ですが、こちらは一からサーバーを構築する必要があります。サーバーのOSはLinuxなのでコマンド入力で操作しなければ行けません。Linuxを触ったことのない方や、パソコン初心者には結構ハードルが高いと思います。

設置作業が面倒な方には、完全な『まる投げ設定代行』サービスが用意されており、別途3,000円(ハイスペックサーバー版は4,000円)で利用できます。

ちなみに、エックスサーバードメインキングなどすでにお持ちのレンタルサーバーで稼働されている方もいますが、ツイッターブレインの推奨サーバーでない場合には技術サポートの対象外となるので、注意が必要です。

(ツイッターブレインのエックスサーバー・ドメインキングでの稼働そのものについて問題はないようです。)

初心者にこそ読んでほしい「ツイッターブレイン」のマニュアルの内容

ツイッターブレインは、突出した機能をもつツールだけが売りではありません。

ツイッターツールはあくまでも「フォロワーを効率的に集めるツール」でしかありません。このツールを手に入れたから必ずみんなが稼げるというわけではないのです。

つまり、フォロワーは集められても、そのフォロワーから正しくマネタイズする方法を知らない人が多すぎるという問題があります。

フォローマティックXYやフォローブースターPROではフォロワーを集められても、
マネタイズできずに挫折する人が多くいました。

なぜなら、これまではフォロワーを集めることばかりに注目し、集めた後にどのようにマネタイズ(収益化)するかということに対するフォローが足りていなかったからです。

これでは初心者は、絶対に稼げません。

ツイッターブレインは、集めたフォロワーをマネタイズするということについても、マニュアルで細かくフォローされています。

このマニュアルこそ初心者の方にこそ読んでいただきたい内容になっています。

第一章:Twitter Brain + Twitter 
ツイッターアフィリエイト(ツイッターのみで稼いでいくノウハウ)
第二章:Twitter Brain + BLOG 
成約・課金型アフィリエイト(フォロワーをブログに誘導して稼いでいくノウハウ)
第三章:Twitter Brain + BLOG + Mail magagine 
DRMアフィリエイト(読者リストを集めてメルマガで稼ぐノウハウ)

という3段階に分かれた手厚いツイッターマーケティングの本編マニュアル。順を追ってステップアップしていけるように、ツイッターを軸として、アフィリエイトで稼ぐ実践的なメソッド・ノウハウが解説された内容です。

そして、Twitter Writing~140文字のコピーライティング~

これは、140文字という制限のあるツイート文の作成に特化したマニュアルになっていて、

  • 興味を引き出し「反応」させる文章の書き方
  • 興味を「行動」へと結びつける文章の書き方

が詳しく解説されています。

日本で数少ない、コピーライティングを極めた宇崎恵吾さんが作成したものですが、これだけで1つの教材として販売されていてもおかしくはない程、クオリティが高いものです。

「人を動かす文章」ということについて非常に掘り下げていて、下手なコピーライティング教材やセミナーなどよりもはるかに実践的ですぐにでも役に立つものばかりとなっています。

業界最高水準と言えるツイッターツールとともに、そのツールの性能を最大限に引き出すマーケティングマニュアルがセットになったのが「ツイッターブレイン」です。

Twitter Brainにおけるアカウント凍結問題

2014年9月に行われたTwitterによるスパムアカウントの一斉凍結騒動についてです。

「ツイッターアカウントの大量凍結を行いスパムアカウントの40%を一斉凍結」

ツイッター社がこのような発表をして、実際に多くのツイッター利用者のアカウントが凍結・削除されました。

これにはツイッター系のツールを利用しているユーザーはかなりの数のアカウントが凍結された模様です。Twitter Brain利用者の中にも今回の騒動で、実際にアカウントが凍結された人もいたようです。

ただTwitter Brain利用者でアカウントを凍結された人にはある程度、明確な共通点があるということで、その対応策もハッキリしておりTwitter Brainについてはあまり大きな問題とはならなかったようです。

マニュアル作りにも参加し、「Twitter Brain」の使用を公言している宇崎恵吾さんのツイッターアカウントも凍結されていません。

Twitter Brain販売元であるイーブックジャパンの佐藤さんから、Twitter Brain購入者向けにメールが配信され、その対応策、現状等について詳しい情報が公開されました。

この問題について一番ヒドかったのは、フォローマティックXYの利用者の方で、
ほぼ全滅に近い状況に陥ったみたいです。

厳密に言えばフォローマティックYがまずかったようで、一度でもフォローマティックYを利用して、 自動リツイートを行ったことがあるアカウントは全て凍結されたという声も実際にあがっています。

ツイッター側としては、自己所有しているアカウント間の自動リツイートを「スパム行為」とみなした可能性があります。

そういう意味でTwitter Brainは、
今回の凍結騒動の対象にはなっていないと考えて問題なさそうです。

もちろん、全てのTwitter Brain利用者の全てのアカウントが、全く凍結されていないというわけではありません。

今回の凍結騒動でアカウント凍結をされた人たちを見ると、明らかに『手抜きのアカウント量産をしていた』という傾向がみられます。この件はイーブックジャパンの佐藤潤さんもTwitter Brain購入者向けのメルマガで同じことを言われていましたので、ほぼ間違いないと思います。

すべてのツイッターツールは販売前に、必ず販売者側の人が何度も検証試験を繰り返した末に販売されているのですが、これを使う側の人間次第で凍結されるという要因も数多くあるということです。

凍結される要因は、フォローを仕掛けたユーザーからのブロックスパム申請、そして不自然なフォローアンフォローです。

ですので、どんなツールを使っていようと、
仮に手動でフォローとアンフォローをやっていようと
凍結されるリスクは常にあるということです。

そうならないためには、Twitter Brainで取り入れられている反応のあるツイートをつぶやくことで得られるフォロワーが多ければ多いほど、あなたのアカウントの凍結リスクは低くなり、安全にフォロワーを増やすことができるというものです。

Twitter Brain(ツイッターブレイン)のフォローマティックにはない魅力

フォローマティックXYと比較してみた場合、フォローマティックにしかない機能というのもありますが、パソコン電源オフでも自動化ツイートの自動取得&自動つぶやき機能を考えると、Twitter Brainが一番便利だと思います。

Twitter Brain-ツイッターブレイン-と違い、フォローマティックのようなダウンロード式システムの場合はPCの電源をつけたままにしておかなければなりません。

そして、フォローマティックXYやその他のツールにない機能(システム)として、

  • リツイート数の多い過去のツイートを取り込み自動ツイートしていく「Attention tweet System」
  • リツイート数の多いリアルタイムなトレンドツイートを取り込み自動ツイートしていく「Trend tweet System」

この2つが、まさにツイッターブレインの強みだと言えます。

すなわちリツイート数の多い他のユーザーのツイートをリサーチし、そのツイートを取り込んで自動化してくれるシステムです。

フォローマティックXYには、ツイッターブレインにはない機能としてリツイートによるツイート拡散を自動化させるという機能があります。これは複数のアカウントを並行して連携プレーをするというものですが個人的に、これを使いこなるのは初心者にはかなり難しいことだと思います。

フォローマティックXYで多くのツイッターアカウントの自動化(BOT化)させる場合、ツイート内容は自分で用意しなければなりません。

そこで、このツイートを用意する方法としてよく勧められるのは、「リツイートが多いツイートを参考にして作ろう。」というものです。これなら、すでに反応があったことが確認されている文章をツイートしていくことができるからです。

それで反応が取れるツイートを生み出せる才能がある人はいいのですが、これは普通の人にはかなり難しいことだといえます。

  1. リツイート数の多いツイートをリサーチ
  2. 見つけたツイートを参考に面白いツイートを考える
  3. そのツイートに見合った画像を探して、画像を見つけたらPCに保存する
  4. そのツイートを手動でツールに登録していく

一つ一つ手動で行うことは、かなり大変な作業です。

それを数百にも及ぶツイートを用意し、さらに複数アカウントでやるとなれば、とてもではないですが外注でもしない限りやっていられません。

結局、誰も反応してくれないようなツイートを
延々してしまうことになります。

ところが、これらの作業を自動化できるのがツイッターブレインなのです。ツイッターブレインは、先ほどの2つのシステムによって、この部分を自動化してしまいました。

キーワードを指定することで、そのキーワードを含んだツイートの中から、
リツイートが多かったものを自動で集めてきて自動的にツイートしてくれます。

反応が多いことが確かめられているツイートを収集してきますので、
自動的に自分のアカウントも反応を取りやすくなるというわけです。

ツイッターブレインのBOT生成機能は、自分で必死に考えて一生懸命ツイートを作るよりもフォロワーの反響が大きい面白いツイート自動で作り出していってくれます。

面白いツイートを作ることができない。
ツイートを考えたり、文章が苦手…。

こういった悩みや複雑な機能によりせっかく買っても途中で断念した人も居るでしょうが、これらが全て自動で完成し簡単に手を加えることが出来るなら、どれだけ素晴らしい事になるか、一度想像してみて下さい。

フォローマティックXYにはないビジネスサポートも2か月付いています。

ツイッターブレインの『ある程度反応が見込めるツイートを勝手に集めてツイートしてくれる』というのはとても魅力的なことであり、優良といわれるフォローマティックと比べてみても、これ程実践で使えるツールはないといっても過言ではないと思います。

これに加えて、「ミリオンライティング」の著者である宇崎恵吾さんの書いたツイッター用のライティングマニュアルも付属しています。

なお、すでにフォローマティックXYを買って使っている人は、互いの利点を引き出して使用することで相乗効果が出せる使い方もあります。

それは、フォローマティックXYでフォロワー数が2000人に達するまでアカウントを育て、そのアカウントをツイッターブレインへ切り替えるという方法です。

こうして連携させて使うことで、ツイッターブレインを単体で使うよりも、より便利にツイッターブレインの処理能力の向上と効率化を図っていくことができます。

「Twitter Brain」とフォローブースターPRO

ツールとしてはフォローマティックXYの方が上ですが、付属マニュアルに差があるだけ“ツール+教材”という観点ではフォローマティックXYよりも「フォローブースターPRO」の方が初心者にはお勧めできるツールだと思っています。

ただこのフォローブースターPROのマニュアルよりも、さらに丁寧で分かりやすく、しかもそれ以上のノウハウを提供してくれているのが、今回のツイッターツール&マーケティング教材「Twitter Brain」です。

ツイッターブレインには以下のようなマニュアルがついています。

  • ブログすら持っていない初心者がブログなしで稼ぐ方法
  • サイトアフィリエイト用のブログとつなげて稼ぐ方法
  • メルマガアフィリと連動させる方法

ツイッターアフィリエイトのノウハウとして、全くの初心者から中級者まで対応しています。

世に出回っているフォロワーの収集ツールは、どれもフォロー&アンフォローという作業を自動化させてフォロワーを集めていくものですが、この性能にはあまり差はなく、機能はほぼ変わりません。

これ以外にフォローブースターPROやフォローマティックXYに付属していない機能として、Twitter Brain(ツイッターブレイン)には「ツイートの自動生成機能」が付いています。

そもそもツイッターを利用して大きく稼ぐためには、まず属性に合ったフォロワーを集めるのが大前提になります。属性というのは取り扱っている商品を必要とする人かどうか、いわばターゲットみたいなものです。

フォローブースターPROとツイッターブレインは、こうした『属性』を定めたフォロワーを自動で集めていくことができるツールなのですが、このツール性能にかなり歴然とした差があります。

ツイッターの「質の高いフォロワー」を集めていくためには、どうしても『人の興味を引く、面白いツイート』をつぶやいていく必要があり、この手のツールを使う場合は必然的に、ツイート文の作成作業から逃れることはできません。

それがツイッターブレインは、集めたいフォロワーの属性に合ったキーワードを最初に設定だけすれば、あとは自動でその属性に合った質の高いフォロワーを勝手に集めてきてくれます。

ですから、このツイート自動収集機能というのは集客面ばかりでなく、
作業の効率化という点を考えてみても大変重宝される機能ということです。

何より付属マニュアルの差に歴然としたものがあり、しかもツールにおいてもTwitter Brainには圧倒的な優位性があります。今からツイッターツールの導入を検討されているなら、どう考えてもフォローブースターPRO、フォローマティックXYを選ぶ理由は見当たりません。

迷うことなく、ツイッターブレインを入手しておくべきだと思います。

結論:Twitterツールとしての優秀さがわかる人だけ買いましょう

ツイッターのツールで稼ぐことの難しさ、苦労を知っている人ほど、このTwitter Brain(ツイッターブレイン)の機能の凄さ、魅力がセールスレターを読んだだけで一発で分かると思います。

これまでフォローマティックやフォローブースターを使って稼げなかった人たちが、こぞって魅力を感じてしまう機能とは何なのか。

それはリツイート数の多い他のユーザーのツイートをリサーチし、
そのツイートを取り込んでBOT化してくれるシステム
に尽きると思います。

ツイッターブレインの自動ツイートシステムは、フォローマティックXY、フォローブースターPROをはじめその他のどんなツイッターツールよりもフォロワーを集めることを効率よく自動化して行うことについては完全に頂点に立っているといってもいいぐらい質の高いツールです。

  • 完全自動でフォロワーを集めるツイッターツール
  • クオリティの高いマニュアル
  • 宇崎恵吾さんの実践的なコピーライティングマニュアル

そして、技術的なサポートをはじめマーケティング、ライティング面での最高レベルのサポートアドバイスが受けられます。

これで、Twitter Brainの価格は29800円です。

ここまでそろったツイッターブレインを手に入れることができれば、どんな高額塾に参加するよりも有力なノウハウを手に入れることができるように思います。


ツイッターブレイン(Twitter Brain)

>> Twitter Brain(特典付き)をみる


評価済みアフィリエイト商材ランキング



サブコンテンツ

このページの先頭へ