動画広告変換アプリ「Tube Changer」

TubeChanger

YouTubeに広告を挿入

色々なメディアで取り上げられて話題になっているのがYoutuber(ユーチューバー)です。Youtubeに動画を投稿して、そこからの広告収入を得るアフィリエイターのことです。

その元となっているYouTubeが相変わらず、根強い人気を集めているのですが
今回紹介するTube Changer(チューブチェンジャー)はそこで活躍するという一つのツールです。

TubeChangerは人が作った動画に設定されている広告を、自分の広告に張り替えることができるというものです。

もちろん、元動画を編集するわけでなく
自分のサイト内で表示される分に限られますが、これは非常に面白い試みです。

Tube Changer(チューブチェンジャー)

youtube動画広告を自由に変更できる動画広告変換アプリ「Tube Changer」というのが正式名称みたいです。

このネーミングだけ聞くと、Youtubeを見たときに表示されるアドセンスの広告を任意のものに変更できるように感じますが、Youtubeを見たときの広告を変えるものではありません。

この広告はYouTube動画に直接入れるのではなく、まとめサイトや引用のような形でブログやサイトへ動画を埋め込む場合にソースを追加することで、その再生時のみ広告を変更することができるというものです。

つまり、自分のサイトに貼ることが前提となります。

なお、このTube Changerはワードプレスのプラグインとして提供されています。FC2やSeesaaなどの無料ブログサービスでは利用することができません。

YouTubeで稼ぐのとは違うツール

動画を作らずにYouTubeで稼ぐ、よくあるツールかと最初は思ったのですが、
ちょっと違ったようです。

ただ埋め込んだ動画に広告を表示させることが出来る、というだけなのです。

YouTube動画そのものに埋め込み可能なら即買いをお奨めしますが、ブログやサイト上でのみ広告がかぶさって表示されるというものなので、ブログやサイトにアクセスが無ければ、その広告が露出することは、ありません。

サイトやブログで、動画を見てもらえることが必須条件となります。

ですから、これは動画を作りたくないユーチューバー(You tuber)向けではなく、むしろサイトアフィリエイターやトレンドアフィリエイター向けのツールだと言えます。

YouTubeを使うこと自体、検索にそれなりに強いことや、SEO対策としてサイト内滞在時間を延ばすことが出来るといったメリットがあるのですが、このTubeChangerを使ったからアクセスが集めやすいとか、そういった要素は一切ありません。

個人的には、YouTube商材では
YouTubeトレンドマーケティングJackTubeといった方が参考になると思います。

TubeChangerの課題

つまり、このTubeChangerには大きな問題があります。

どうやって動画があるサイトまでアクセスを呼ぶのか?という課題です。

動画を集めたサイトを作っただけで、上位表示できるわけがありません。さらに広告からリンクした先のサイトの作りこみも必要です。

成約率を高めるようなランディングページ(LP)作成が出来ていなければ、
仮に広告から飛んできても成約に至らないからです。

結局、サイトアフィリエイトと組み合わせなければ、役に立たないツールということです。

「Tube Changer」を使って稼げる人は、

  • サイト(ブログ)を上位に表示させることが出来る
  • 成約率の高いランディングページを用意できる

この二つの条件を満たしているアフィリエイターだけです。

トレンドアフィリエイトなどで、ある程度アクセスを集められる人にとっては
使う価値があるかもしれません。

>> TubeChanger(特典付き)をみる


サブコンテンツ

このページの先頭へ